金庫には大きく分けると「防盗金庫」「耐火金庫」の2タイプがあります。
防盗金庫の使用目的には主に防犯。したがって、品質を管理するためにドリルやハンマーなどの工具や、バーナーによるガス溶断に対する耐性ランクの基準が設けられています。
もう一方の耐火金庫の目的は主に火災対策。0.5〜4時間にわたる耐火試験、9.1mの衝撃落下試験(床落ち対策)などの基準が設けられています。
導入の際には、その機能性を確認し収納するモノや用途に合わせてお選び下さい。















Copyright(C) 2000 Tanichu All Rights Reserved.
info@tanichu-safe.co.jp