事件やトラブルは後日、発覚することが多いもの。
そんなときに「現場」の状況が残されていれば、トラブルの早期解決が図れます。 近年、欧米型の機動力も駆使した犯罪やトラブルが増加する中で、防犯インフラ作りが犯罪発生の抑止力にもなります。
例えば、犯人が下見をしたとき、周辺のコンビニなどに立ち寄った時などの記録があれば、犯人検挙につながります。また、お客様の勘違いによるトラブルなどの解消にも役立ちます。








Copyright(C) 2000 Tanichu All Rights Reserved.
info@tanichu-safe.co.jp